パリとニューヨークで思考する

長年NYに暮らし、パリに住み、日本に戻ったアーティストの忘備録。

アルザス博物館と世界遺産ストラスブールの街並み

フランス旅の続き。ストラスブール大聖堂の屋上へ登ってみます。

332段の階段。登っても登っても、なかなか辿り着かない。足がガクガクする。

f:id:akbrooklyn:20190307083440j:plain

ゼイゼイしながら、ようやく屋上に到着。

f:id:akbrooklyn:20190307083555j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307083707j:plain

まるで安野光雅の描いた『旅の絵本』のような風景。

f:id:akbrooklyn:20190307083758j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307083834j:plain

↑ これはまさしくストラスブール安野光雅『旅の絵本』

屋上にも細かい装飾の彫像が鎮座。

f:id:akbrooklyn:20190307083941j:plain

↓ 再び階段を降りていきます。登りと下りは違う階段なのが賢い。途中で、不思議な「対のガーゴイル」を発見。右側のが生きてるみたいだった。

f:id:akbrooklyn:20190307084053j:plain

地上に降りてみると、医療の服を着た若者たちが何かのデモをやっていた。フランス人は、真面目なこともコミカルに楽しんでやっていて熱い。熱血漢?

f:id:akbrooklyn:20190307085142j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307085158j:plain

↓ 大聖堂の目の前にある、細かい装飾で有名な15世紀の家『メゾン•カメルツェル (Maison Kammerzell) 』

f:id:akbrooklyn:20190314114113j:plain

 

川沿いには木組みの可愛い家が並びます。ストラスブールの典型的な風景。

f:id:akbrooklyn:20190307134636j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307134654j:plain

川沿いの『アルザス博物館』へ行ってみた。 アルザス地方の伝統的な衣装や調度品が展示されている民族博物館。看板が可愛い。

f:id:akbrooklyn:20190307133201j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307133339j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307133225j:plain

f:id:akbrooklyn:20190321043254j:plain

f:id:akbrooklyn:20190321043235j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307133301j:plain
 

夜はタイ料理の『Baan Thaï』というレストランへ。NYのタイ料理よりも美味しかった!フランス料理に飽きたらお薦めです。

f:id:akbrooklyn:20190307125526j:plain

f:id:akbrooklyn:20190307125543j:plain

 

↓ よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ