パリとニューヨークで思考する

長年NYに暮らし、パリに住み、日本に戻ったアーティストの忘備録。

英国の聖ミカエル山『セントマイケルズマウント』その1

レイラインの旅の続き。イギリス西の端にある『セント•マイケルズ•マウント (聖ミカエル山)』へ行くために、バースから鉄道で、南西部の町 Penzance ペンザンスへ向かいます。

ペンザンスへは、GWR (Great Western Railway) に乗って、ロンドンからだと約5時間。GWR線の最終駅です。

f:id:akbrooklyn:20181219132746j:plain

ペンザンスはイギリスのCornwall コーンウォール地方にあり、ケルト文化の濃いエリアです。観光名所がたくさんあり、この土地を満喫するなら、3泊するのがお薦めです。(私は2泊だったので、ゆっくりできなかった。)

 

『セント•マイケルズ•マウント (聖ミカエル山)』とは:

フランスの世界遺産であるモンサンミシェルの英国版とも言われる島。5世紀頃、島にいた漁師たちの前に、大天使ミカエルが現れたという言い伝えがあります。島の上に、12世紀に建設された城と礼拝堂が建っています。城と礼拝堂は、1650年よりセント•オービン一族が所有し、ナショナル•トラストが管理しています。2011年の時点で島の人口は35人。

f:id:akbrooklyn:20181219142531j:plain

photo via St Michael's Mount website

午前中に訪れるのがお勧めです。冬季はクローズ。時化(しけ)の日も、波の様子で早めに閉じます。ウェブサイトでオープニング時間を確認しましょう。

↓ 島のスケジュール

https://www.stmichaelsmount.co.uk/plan-your-visit/opening-days-times

 

ペンザンスに到着。石造りの海辺の町。 

f:id:akbrooklyn:20181225125945j:plain

f:id:akbrooklyn:20181225130216j:plain

海沿いには、遊歩道があります。数分に一度、高波がザッパーンと通りを襲い、歩いている人たちは海水を浴びて、びしょ濡れになります。スリリングな遊歩道。

f:id:akbrooklyn:20181225130710j:plain

↓ 遠くには『セント•マイケルズ•マウント (聖ミカエル山)』が浮かんでいます。

f:id:akbrooklyn:20181225130615j:plain

ペンザンスの海沿いには、B&Bやホテル、居酒屋が並びます。

f:id:akbrooklyn:20181225130828j:plain

f:id:akbrooklyn:20181225132338j:plain

f:id:akbrooklyn:20181225131046j:plain
 

翌日、朝一番に『セント•マイケルズ•マウント』へ向けて出発!ペンザンス駅のバスステーションから、さらに10分バスに乗って、Marazion マラジオンという町へ行きます。

マラジオンに到着。

f:id:akbrooklyn:20181225054621j:plain

f:id:akbrooklyn:20181219140321j:plain

『セント•マイケルズ•マウント』を前に、白いトイプードルと散歩する男性。

私はフランスの世界遺産モンサンミシェルへ行ったことがありますが、モンサンミシェルよりもこじんまりしていて、海の中の石の道を、自分で歩いて渡れるのが良いです。観光客も、主にイギリス人家族ばかりでのんびり。

f:id:akbrooklyn:20181219140602j:plain

ご覧のように満潮で、島へ通じる道が、海水の中に沈んでいます。 上の写真の右端にある岩へ登って、岩の先で、島へ渡るボートに乗ります。

↓ ボート代は £2。動いてからお金を回収しにきます。

f:id:akbrooklyn:20181219140855j:plain

f:id:akbrooklyn:20181223112319j:plain

島の船着場に到着。お城の方へ歩きます。

↓ お城を見学する場合は、右側のオフィスで、チケットを購入します。チケットを持っていないと、城へ行く階段の手前で追い返されます。何も知らずに歩いて来て、戻って行った人たちがいました。

f:id:akbrooklyn:20181219142725j:plain

f:id:akbrooklyn:20181219143236j:plain

お城への階段を登っていきます。

『The Giant's Well 巨人の井戸』。伝説によると、城が建つ前の6世紀、この島には巨人コーモランと奥さんのコーメリアンが住んでいたらしい。

f:id:akbrooklyn:20181219143442j:plain

↓ 巨人コーモランの心臓といわれるハート型の石。

f:id:akbrooklyn:20181219143352j:plain

お城の外観。ゴツゴツした岩と石が多い。イギリスは石の国。

f:id:akbrooklyn:20181219143419j:plain

f:id:akbrooklyn:20181219152755j:plain

城塞があり、城の周りには砲台がある。

『セント•マイケルズ•マウント (聖ミカエル山)』その2へ続きます。

 

↓ よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ