パリとニューヨークで思考する

長年NYに暮らし、パリに住み、日本に戻ったアーティストの忘備録。

イエール城跡巡りと絶品マカロンのお店

8月の南仏旅の最終回です。

イエール旧市街の裏通りに、お薦めの可愛いパティスリーがあります。

『Gâteaux & Macarons』8 Rue des Porches, Hyères

f:id:akbrooklyn:20200911044807j:plain

一度、ショーケースの綺麗なケーキに惹かれて行った時、親切なパティシエのおじさんが「チョコレートは好き?」と、チョコのマカロンを一つ無料で入れてくれました。部屋で食べてみると、驚いた。

うまい!!何だこれは!?

今まで、ラデュレしか食べたことがなく、「マカロンはあまり美味しいものではない」という印象だったけど、これはフワフワで肉厚で、美味しい。ラデュレが彼方へ飛んでいった。

最終日に再訪して、マカロンを買いました。1個1.40€。5個と10個入りの箱があるそうです。イエールを訪れる方に、ここのマカロンはお薦めです!

f:id:akbrooklyn:20200911045652j:plain

 

イエールの街は可愛いんだけど、「お年寄りの銀座」といった雰囲気でした。老夫婦の観光客が多く、若者向けの食堂があまりなかった。

そんなイエールで、美味しいフッシュ•アンド•チップスのお店があります。Place Clémenceau クレモンソー広場にある『Le Denti ル•デンチ』です。

f:id:akbrooklyn:20200910030552j:plain

Place Clémenceau クレモンソー広場

スケートボーダーのような兄ちゃん達が、テキパキと働いてます。人気なので、8月の夕方は満席で座れず。屋外カフェなのに、予約で席が埋まってました。

f:id:akbrooklyn:20200910030625j:plain

仕方がないので、フィッシュ&チップスをお持ち帰り。横にあるのはガスパッチョです。

f:id:akbrooklyn:20200910032013j:plain

 

翌日、イエール旧市街のお城の遺跡まで、トレッキングに行ってみました。ホテルでもらった地図を頼りに歩きます。中世の家並みという感じ。

f:id:akbrooklyn:20200911065510j:plain

f:id:akbrooklyn:20200911065613j:plain

f:id:akbrooklyn:20200911065933j:plain

ローマ•ジュリアス小路。

f:id:akbrooklyn:20200911070101j:plain

20世紀初頭に建てられたプリンセス門。

f:id:akbrooklyn:20200911070415j:plain

太陽時計があり、午後3時にちゃんと3時になってた。

f:id:akbrooklyn:20200911070557j:plain

サンクレア公園。1849年にオリヴィエ•ヴーチエによって建てられた館。

f:id:akbrooklyn:20200911070726j:plain

さらに山道を登って行きます。山登りです。

f:id:akbrooklyn:20200911071219j:plain

f:id:akbrooklyn:20200911071317j:plain

イエールのフォス家の騎士によって建てられた、11世紀の城跡に到着しました。13世紀に要塞となり、1620年にルイ13世によって解体されたらしい。

f:id:akbrooklyn:20200911081634j:plain

山の頂上には展望台があります。

f:id:akbrooklyn:20200911072811j:plain

城跡とイエールの街が見渡せます。

f:id:akbrooklyn:20200911072835j:plain

f:id:akbrooklyn:20200911072917j:plain

マルセイユでは、黄色のてんとう虫が携帯に止まっていたけど、イエールでも、黄色いアゲハ蝶が私の周りを飛んでいた。黄色い虫が寄ってくる?

f:id:akbrooklyn:20200911073001j:plain

山を降ります。

イエールの観光地図では、楽に行けるような感じで書いてあるけど、山道や岩の上を歩くので、スニーカー必須の「山登り」でした。

f:id:akbrooklyn:20200911080829j:plain

f:id:akbrooklyn:20201020014530j:plain

石造りのイエールの家よ、さようなら。

最終日の朝、旧市街を散歩していると、理髪店の窓で堂々と寝ている猫を発見。人が通って声をかけても、ビクともしない大物っぷり。猫「人間ごときに邪魔されないニャ。」

f:id:akbrooklyn:20200911074756j:plain

今回の旅では、猫をたくさん見かけたけど、この子に『南仏の猫さま大賞』を送ります。

f:id:akbrooklyn:20200911074822j:plain

クイッと丸めた前足がいいね。


帰りの鉄道は、パリまでの1等席が €170もしました。行きのように、座席が取られているのではないかと心配してたけど、ちゃんと私の席が空いていた。ホッ。

窓から見える南仏コートダジュールの景色。さようなら〜。

f:id:akbrooklyn:20200911074919j:plain

これで、アヴィニヨン、マルセイユ、イエールと続いた南仏旅は終わりです。

↓ よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ