パリとニューヨークで思考する

長年NYに暮らし、パリに住み、日本に戻ったアーティストの忘備録。

ロンドンへの鉄道旅と『かつて100』カフェ

イギリス旅の続き。南西部ペンザンスからGWRでロンドンに向かいます。

GWR (グレート•ウェスタン•レイルウェイ) 始発のペンザンス駅。

f:id:akbrooklyn:20181227050817j:plain

f:id:akbrooklyn:20181227050717j:plain

座席はオンラインで予約しますが、実際のチケットは発券機で印刷します。出発時は混むことがあるので、前日のうちにチケットを発券。

↓ 私は Trainline というウェブサイトを使って予約しました。アプリもあり。

Trainline | Search, Compare & Buy Cheap Train & Bus Tickets

 

15分前にはすでに列車が来ていた。各車両には、入り口に荷物置き場があります。

f:id:akbrooklyn:20181227050839j:plain

f:id:akbrooklyn:20181227050513j:plain

座席。予約された区分を書いた紙が挟んであります。私の席は、ペンザンスからロンドンのパディントン駅まで予約されています。

f:id:akbrooklyn:20190103130640j:plain

海の景色を眺めながら、5時間の旅です。このGWRは美しい海岸線を走り、コーンウォールの海岸周辺は、絵葉書のように綺麗でした。ランチ用のサンドイッチとドリンクを買ってあったので、準備は万端。

f:id:akbrooklyn:20181227075204j:plain

列車が走り出すと、中国人2人組が車内をウロウロしていた。英語も全く話せない感じ。中国人は通路に立ってじっと様子を伺い、そのまま空いている席にシラッと座りました。後でアジア人の女の子二人が入ってきて、「この席は私たちの席だ」と追い返してました。勝手に人の席に座る中国人に注意!

 

5時間後、ロンドンのパディントン駅に到着。明るくて活気がある。

f:id:akbrooklyn:20181227052119j:plain

f:id:akbrooklyn:20181227052140j:plain

駅構内に、クマのパディントン銅像が!子供達が記念写真を撮っています。

f:id:akbrooklyn:20190106084919j:plain

ヒースロー空港直結のヒースロー•エキスプレスも出ています。

f:id:akbrooklyn:20190106125219j:plain

時間を潰すのにちょうどいいカフェもあって、パディントン駅、いい感じです。

 

ホテルに荷物を置いて、スイーツを食べに日本のお茶屋さんへ。

Angel Station 近くの『かつて100』。店名はノスタルジアを表現したらしい。

f:id:akbrooklyn:20181227053835j:plain

f:id:akbrooklyn:20181227053855j:plain

茶葉や茶道具、日本酒、陶芸作品が販売されています。ケーキ類とお茶も豊富。

f:id:akbrooklyn:20181227053907j:plain

抹茶ショートケーキとカフェインレスの日本茶。はあ〜、生き返る。ポットに熱湯が用意されていて、お湯を注ぎ足すことができました。

このカフェは、なぜかフランス人に愛用されてるみたいで、周りはフランス語を話すグループが多かった。モデルみたいな人たちが、ウキウキと待ち合わせ場所に使っていた。フランスは日本の茶文化が人気なの?座席もほとんど埋まっていた人気カフェ。

Katsute100 / Japanese Boutique & Tea Room / Angel

 

↓ よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ