パリとニューヨークで思考する

長年NYに暮らし、パリに住み、日本に戻ったアーティストの忘備録。

大英博物館とロンドンのお薦めカフェ

イギリス旅の続き。ロンドンらしい素敵なカフェの紹介。

大英博物館の近くに、『Syrup of Soot (直訳:黒粉のシロップ)』という小さなカフェがあります。レトロで実にロンドンっぽい雰囲気で、お薦めです。サンドイッチ類もあるので、ランチにもいい感じ。

f:id:akbrooklyn:20190102103810j:plain

photo via Syrup of Soot Instagram

焼き菓子が人気らしい。ロンドンの地元民と観光客がいい感じに混ざって、割と混んでいます。(追記:2020年現在、このお店は閉まっているようです。残念!)

f:id:akbrooklyn:20190102103841j:plain

f:id:akbrooklyn:20190102104029j:plain

 

大英博物館へ行く。ここも無料だとは知らなかった。大英帝国、太っ腹である。

f:id:akbrooklyn:20190103060747j:plain

ロゼッタストーンの前に人だかりが。やや殺気立っているぐらいの人、人、人、人。この写真は腕を伸ばしてやっと撮れた。

f:id:akbrooklyn:20190103060813j:plain

人混みが苦手なのだが、どこへ行っても観光客が。

f:id:akbrooklyn:20190103060900j:plain

↓ このような巨大な遺跡を持ってきていいのでしょうか?アッシリアの王アッシュルナシパル2世 (紀元前883ー859) の宮殿のライオン。

f:id:akbrooklyn:20190103060948j:plain

ギリシャ神殿を丸ごと持ってきたらしいです。すごいな大英帝国

f:id:akbrooklyn:20190103062316j:plain

f:id:akbrooklyn:20190103062449j:plain

メソポタミア文明の部屋。『Ram in the Thicket (茂みの子羊)』という面白い像。

f:id:akbrooklyn:20190103062634j:plain

f:id:akbrooklyn:20190106132547j:plain

 エジプトのミイラを集めた部屋があったが、呪いが怖いのでさっさと通り過ぎる。

f:id:akbrooklyn:20190103063845j:plain

f:id:akbrooklyn:20190103064114j:plain

不思議コレクションを集めた陳列室、その名も『Enlightment Gallery 悟りギャラリー』

f:id:akbrooklyn:20190106090604j:plain

陳列ケースの中のイルカに乗った少年。展示品がわんさかあります。

f:id:akbrooklyn:20190103064413j:plain

 いやー、作品数が多すぎてゲッソリ疲れた。エネルギーある時に行くのがお勧めです。

 

↓ よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ