パリとニューヨークで思考する

長年NYに暮らし、パリに住み、日本に戻ったアーティストの忘備録。

パリ生活

大丈夫か?ユルすぎなフランス2回目のロックダウン

10月30日から、フランスで今年2回目のロックダウンが始まりました。今回はロックダウンという感じはないです。

日本漫画家さんのパリ個展とアーティストのアトリエ訪問

芸術の秋の10月は、パリのギャラリーでのアーティストの個展のオープニングやアトリエ訪問をしていました。

フランス第2の外出禁止令が出たパリの日常

10月30日から、少なくとも12月1日まで、フランス全土で2回目のロックダウンが始まることになりました。

パリ11区:おいしい日本食とホットチョコレートとお洒落カフェ

パリ11区のシャロンヌ駅南の "サント•マルグリット" 界隈を紹介します。観光客が少なく、普通のパリの生活があります。

パリ9区の美味しいチョコレート屋さん

パリ9区の美味しいチョコレート屋さんを紹介します。たまたま通りかかって、素敵なお店を見つけました。

パリのギュスターヴ•モロー美術館へ行ってきたよ

パリのギュスターヴ•モロー美術館へ行ってきました。モローは、英国のウィリアム•ブレイクと共に、私のお気に入りの画家です。

コロナ治療「ヒドロキシクロロキン」と「レムデシビル」の大戦争

製薬会社の恐ろしさが分かってきました。コロナ治療薬の戦いは『マッドマックス 怒りのデス•ロード』だったよ!!

世界がドストエフスキーの『悪霊』のようになってきたよ。

コロナ禍で世の中が「嘘、陰謀、策略」に満ちていると感じます。昔見たフランス映画『悪霊』を思い出します。

ロックダウン緩和のパリの様子。ラウト教授の話。

5/11(月)、パリのロックダウンが緩和されました。飲食店は閉まったままで、モノを販売する店だけオープンしてます。

フランスの闇とゾンビ、日本の医者が優秀な話

再びコロナ対策に関するブログです。独断と偏見で、フランス•アメリカ•日本の印象を述べます。

利権臭がプンプン。コロナ治療薬の不気味な戦い

こんにちは。パリから世界のコロナ対策について書きます。今回は「政治色•陰謀論」が強い投稿になりますので、よろしく。

コロナ治療を探求するフランスと日本

フランスで外出禁止令が施行されてから25日が経ちました。世界はコロナウィルスの治療法を求めています。

嘘と陰謀が渦巻くロックダウン封鎖

緊急事態なので、今回もコロナの話題を書きます。前半をパリの様子、後半を "嘘と陰謀" について書きます。

コロナウィルスでパリ封鎖の日常

フランスの外出禁止令が出て10日過ぎました。店が一斉に締まり、スーパーと薬局、ランドリーだけが空いている状態です。

パリ20区•愛しのシャロンヌ

私のパリのお気に入りエリア、シャロンについて書きます。ある日散歩に行ったら、パリの雰囲気あふれる素敵な通りを見つけました。

マクロンのコロナ対策2と英語のススメ

フランスのコロナウィルス感染数がロケット的に伸びてきました。再びコロナ対策についての自分の意見を書きます。

フランスのコロナウィルス対策と国民性の考察

コロナウィルス感染者が38人に達し、フランスも対策に踏み込みました。このウィルス騒動を観察し、個人的に思ったことを書きます。

フランス•パリで感じた移民問題とパリ旅行の注意点

パリに2ヶ月住んで気づいたことを書きます。全く夢のない現実的な話です。感じたことをそのまま書くので、差別的な表現もあります。

パリのリパブリック周辺の人気買い物スポット

フランスはソルド (セール) の期間なので、パリの街をまわって来ました。リパブリック周辺をまわります。